ベレー 帽をまとめて紹介するブログ!

ベレー 帽をまとめて紹介するブログです。人気のトレンドアイテムから定番グッズまで、様々なベレー 帽を性別に問わず、わかりやすく紹介しています!

2018年9月12日
から admin
0件のコメント

ベレー 帽の洗濯について

ベレー 帽が好きな方は一年中ファッションに取り入れることも多く欠かせないアイテムとなっていますよね。皮脂汚れや化粧品が付着し内側が汚れやすいので、ベレー 帽は日頃のお手入れが肝心です。

①ウールベレー 帽:

ウール100%の帽子は洗濯すると縮んでしまうので、ほとんどのモノが洗濯不可となります。アクリルやポリエステルと混ぜて使用されることも多いので、しっかりと「洗濯表示タグ」を確認しましょう。タグに、洗濯機洗いOKのマークか手洗いOKのマークがあれば、水洗いができます。ただし熱やアルカリもウールを縮ませる原因となるので、必ず30℃以下の水で、着用中性洗剤を使用しましょう。

②フェルト生地のベレー帽:

ベレー帽に使われている多くの素材はフェルト生地で、濡れると縮み型崩れを起こします。日頃からブラシなどでならし整えて、汚れが気になる場合はキャップ【洗えない場合】を参考にお手入れしましょう。干す際は中にタオルを詰めて形を整えながら干します。

③ポリエステル生地

様々な質感の素材があり、被っていた帽子がポリエステルだと気づかないモノもあります。型くずれしにくく、比較的シワになりにくい特徴があり、洗濯できるものも多くあります。「洗濯表示タグ」の表記を確認して、水洗い可能な場合は、洗濯機・手洗いしましょう。とはいえ帽子のデザイン状、洗濯機が好ましく無い場合が多く、ほとんどが優しく手洗いをすることを推奨されます。

④コットン/綿

綿の帽子は洗濯してもOKで、扱いやすいです。洗濯ネットに入れて洗濯機に入れても問題無いものも多くあります。デザインによっては手洗いが好ましいですが、使う洗剤も通常の洗濯洗剤で問題ないでしょう。

⑤ファーベレー帽

ファーやフェイクファーなどの素材は一度クリーニング店にご相談されたほうがよいかもしれません。洗うと思いがけない変色やダメージが出てしまうかもしれないからです。

2018年9月12日
から admin
0件のコメント

ベレー帽のブランドについて

前回は、ベレー 帽の型によって、様々のタイプを紹介いたしましたが、今回は、ベレー帽のブランドについて紹介いたします。

ブランド品のベレー帽をお持ち帰りたい方は是非このホームページをご覧ください。

①まずは、カンゴール

「カンゴール(KANGOL)」はイギリスの帽子(ハット)メーカーです。1938年で設立されました。

1918年、ジャック・スプライルゲン(Jacques Spreiregen)は帽子屋をオープンし、フランスからバスクベレー帽の輸入を始めました。後に自身でベレー帽の製造・販売も手掛けることになりました。

1938年、スプライルゲンは競合他社との差別化のため、「カンゴール(KANGOL)」ブランドをスタートしました。このカンゴールの名前は、ニット(Knitting)の“K”、アンゴラ(Angora)の“ANG”、ウール(Wool)の“OL”に由来しているとされています。

ファッションアイテムとしてでなく、第二次世界大戦中にはイギリス軍用のベレー帽として納品されました。

戦後カンゴールのベレー帽はファッションアイテムとして人気となり、1960年代には、マリー クワントやピエール カルダンといったデザイナーとコラボレーションをしたり、ビートルズやアーノルド パーマー、後のダイアナ皇太子妃の頭を飾りました。

1981年、世界的に著名な帽子デザイナーのグラハム・スミス(Graham Smith)が手掛けるラインを発表。1983年、カンガルーのロゴを採用しました。

1980年代ヒップホップスターたちがカンゴールを愛用。またアメリカ市場、とくにゴルフでの着用が人気となり、イギリスで生産しアメリカへ輸出する形がメインとなる。

これまでに多くのブランドとのコラボレーションを行っており、その中にはコム デ ギャルソンやキャサリン ハムネット、キャサリン マランドリーノが知られています。

リンク:http://kangol.jp/

②つぎは、CA4LA

1997年に日本で誕生したブランドが「CA4LA」です。特徴は、何と言ってもメイドインジャパンにこだわった帽子を届けてくれる点です。また、日本の優れた帽子にまつわる技術や、日本独自の帽子文化を世界に発信するという事も「CA4LA」のこだわりでもあります。メイドインジャパンの帽子を選びたい!という方に「CA4LA」はオススメのブランドです。

CA4LAからの定番ベレーは、色違いで揃えてもOK!
キャメルなら、きれいめからカジュアルまで、幅広いコーディネートで活躍します。

リンク:https://www.ca4la.com/

③3つは、リー(LEE)

リー(Lee)、は1889年にカンザス州サライナに創設された食品と雑貨の卸商。正式名称はH.D.リー・マーカンタイル・カンパニー。

1911年に独自の衣料工場を設立し、デニム衣料などを作り始めました。

1987年以降日本での商品開発・製造、販売はすべてエドウインへ移行しました。ラングラーなどのライセンスはリー・ジャパンが所持しています。

バックに入れられたロゴ刺繍を前に見せて被る「Back To Front」ベレー帽のようなシルエットでよりお洒落感を演出できるアイテムが今で最も人気。

本体裏も同一色でまとめられています。余計な要素がなくて、シンプルで美しさが際立つ仕上がりで大好評。

リンク:https://lee-japan.jp/shop/default.aspx

2018年9月10日
から admin
0件のコメント

いろんなベレー 帽をわかりやすく解説

ベレー帽ってどんな帽子?デザインと素材から簡単に解説!

まずはベレー帽はどんな帽子のか、簡単にご紹介します。

ベレー 帽(英語:beret [ˈbereɪ])は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子です。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られます。

日本ではフランス人の帽子、特に画家の帽子としてイメージされてきました。一般にはスペイン・フランス国境のバスク地方発祥と言われています。

今回は、ベレー帽をデザインから素材まで、写真と合わせて、具体的な言い方を簡単に説明します。

①定番ベレー 帽、素材はフェルトです。

定番ベレー帽というのは、いわゆる一般的なバスクベレー帽のことで、日常のレディースコーデとして使うと、大変人気が持っています。

②チェック ベレー 帽、素材はウールです。

良質なウールを使用したかぶりやすいシンプルな純国産のチェック ベレー 帽はどんなファッションにも合わせやすいです!オールシーズンも大活躍。

③タム ベレー 帽、素材はウール、コットンなどです。

レゲェのイメージの強いタムも、形状的にはベレー帽の種類として考えられます、ドレッドやブレイズなどの髪型でもすっぽりかぶせて収納しておける帽子であり、麻やコットン、ニットといった素材で編まれており、夏でも風通しがよい帽子です、ちょっと上級者向けかもしれません。

④チュール付き ベレー 帽、素材はウールとポリエステルなどです。

オフィスで活躍している女性や30代前後の主婦!タウンやリゾートでいつもと違うお洒落をさりげなく楽しみたい時におすすめです。

⑤パイピングデザインのベレー帽、多くの場合で素材はフェルトを採用。

パイピングデザインのベレー帽。きれいな丸みを帯びたシルエットで、程よいボリューム感がふんわりと頭を包みます。ベーシックなフォルムで仕上げたベレー帽はどんなスタイルにも合わせやすい。ご自身用は勿論、プレゼントにもおすすめです。

まとめ

今回は5種類のベレー帽を帽子の型によって、簡単に説明いたしました。

自身用だけでなく、友だちのプレゼントとして、人気のレディース ベレー 帽をお持ち帰りる前に、上記の内容を確認したうえで、お気に入りの商品がきっと迅速に見つけるだと思います。

ちなみに、ベレー帽の購入なら【Beret Shop】にお任せ下さい。定番アイテムからトレンドグッズまで!学園祭、イベント、さまざまなシーンで活躍します。是非一度ご利用ください。