あがり症克服する話し方教室

  あがり症口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因を探っていきます。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 1  どうして話下手なのか


 「あがり症話し方教室 1」 では、あがり症口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因を探っていきます。
 世の中のすべてのことには、原因があって結果があります。原因を把握しないことには結果の改善はありません。「敵を知って己を知る」です。

 自分は話下手だから・・・口ベタだから・・・そう思っている人も多いかと思いますが、世に「名言」を残した有名な雄弁家たちの中にも「口ベタ」だった人が非常に多いのです。(3−1
 たとえば第16代アメリカ合衆国大統領リンカーンは、世界史で習う「ゲティスバーグの演説」 (that government of the people, by the people, for the people,...というフレーズを英語の授業で習った方も多いでしょう) という名スピーチが示すように、歴代大統領の中でもトップにあげられる名演説家です。
 ところが若い頃の彼はそうとうな話下手で、それをなおそうと、家から遠い距離を歩いて各地の演説を聞きに行っては、村で人を集めてその真似を繰り返していたのです。だから、そうとうなヒマ人と思われていたそうで、おまけに、その評判もよくなかったそうです。

 実は、「話し上手」と「口ベタ」の間にはほとんど境界線はないのです。「相手を意識して(=相手に合わせて)、自分の思っていることを正しく表現する」これができる人が話し上手な人です。難しい技術とか、話の面白さとか、声の質とかは二の次です。あがり症の人でも、内気な人でも、頭の回転が鈍いと思ってる人でも超えられる壁なのです。

1、上手でなくていい

 昔に比べると、一般の日本人のスピーチは上手になってきています。以前はスピーチの途中でアガっていしまって、シドロモドロになる人をずいぶん見かけたものですが、「この人は話が上手いな!」と感心させられる方がずいぶん増えてきています。
 話す機会が増えたことやテレビなどで上手な人のスピーチを見る機会が多くなったこと、企業内での研修教育の成果なども原因にあげられるでしょう。

 ただ、どんなに話し上手な人でもアガルことはあります。なぜアガルのでしょうか?
 私たちは、「他人からどう見られているか」がどうしても気になります。「もっとよく思われたい」「美しいと思われたい」「かっこいいと思われたい」「いい人」「話のうまい人」などというようにきりがありません。とくに大勢の前だと、ますますこの傾向は強くなってしまいます。
 あがり症の人は、自分があがっている姿は他人から悪く思われているという意識が強いのです。そのため、少しあがるとますます心が萎縮して、さらにアガリが増幅されます。
 「うまく話をしよう」と考えることは、悪いことではありませんが、これが強くなりすぎると、「下手だと思われたらどうしよう」「下手だと思われないようにしなければ」と緊張しすぎてしまいます。
 「上手に話をしなくては!」「失敗してはいけない」という意識は、緊張を高めて、アガリを生む原因になります。日頃の練習の成果を本番の試合で発揮できないスポーツ選手の心理と同じです。

 弁舌さわやかでなくてもいいのです。正直に自分をさらけ出して、人柄を感じさせるような話し方が人の心を打つものです。
 人と話すときには「上手に話そう」とせずに、普通に家族と話すような「心の状態」で、特別なことだと思わないで、普段の自分で話をしましょう。










結婚力診断テスト
あなたの結婚の傾向を診断し、恋人候補のデータがわかります


あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


スピーチの前に
聴いてもらえる話し方、もしアガったときの対処法など


勇気を養う方法
人生のあらゆる場面で決断する勇気が必要になります。勇気を養うには、、、


カーネーギー 名言集
きっと、あなたの心に響く、カーネギーの名言を集めました





Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日