あがり症克服する話し方教室

  あがり症口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因を探っていきます。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 1  どうして話下手なのか

2、話下手原因と対処法


 話下手口ベタ原因はいくつもありますが、すべて口ベタだからといって「会話することから逃げている」ということに集約されるでしょう。

 「とにかく人前はダメ!!」「自分はどうしても人前に出るとアガってしまうんです」と、非常に多くの人が言います。なんと日本人の90%は「人前に出るとアガってしまう」というアンケート統計データがあります。つまり人前で堂々と話しているように見える人も半分はアガっているということです。
 これを象徴するエピソードがあります。

 自分は人前に出るとアガってしまって、どうしようもないんです・・・・こんな人がある記念パーティーでのスピーチを頼まれました。当人は頭から火が出るような感じでスピーチをしました。後日、友人が撮ったパーティーのビデオを見たそうです。すると、「あること」に気づきました。
 全然、アガってるように見えない・・・?   その日以来、人前であまりアガらなくなったそうです。

 実は「アガっている状態」というのは、ほとんど聴衆の目にはわからないものなのです。だから、あなたが「凄いなあ」と思っている話し上手の人も、内心はアガってるのかもしれません。
 要は「アガルから話さない」か「アガルけど話す」かの違いなのです。「アガルから話さない」でいたら、ず〜〜っとあがり症のままです。

  @ 聴衆の視線が怖い

 「話上手な人」の共通する特徴は、目の前にいる大勢の人と一度に話そうとしないことです。言い換えると、目の前のひとりひとりと対話をするように話すということです。
 「フローティングアイ」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
人は何十人という聴衆の目を一度に見ることはできません。全員の目を見ようとすると、漂ってしまったよう目つきになるのが、まさに「フローティングアイ」なのです。よく「話をするときは、相手の目を見て話せ」といいますが、こうなってしまうと、まったくの逆効果です。「話上手な人」はひとりの目を見て話しているのです。その結果、大勢の人前にいるという意識が薄くなっているのです。

 話下手な人は、多くの人に見られていることに、何らかの恐怖感に近いものを感じてしまいます。相手が大勢いても、親しい友人ばかりだと、それほどアガルなんてことはありません。知らない人多数の前に立つと「見られている」ということを意識しすぎてアガってしまうのです。

 よく「聴衆をカボチャだと思え」という少々乱暴なアガリ防止法を耳にします。しかし、血の通った人間ですから、多くの人の目があるというだけで、緊張し、アガっていしまうわけです。
 でも、どんなに多くの聴衆がいたとしても、私たちは結局「ひとり」しか見ることができません、1対1のコミュニケーションがたくさん集まったのが、スピーチなのです。

 「大勢の視線が集まっている」「一度に見られている」という意識が強くなりすぎてアガってしまうのですから、一つの文章はひとりの目を見て1対1のつもりで話し、次の文章は別のひとりの人を見て話す(4-3-2) ことで大勢の前で話をしている意識が薄れ、アガルことも少なくなります。

 次のページからは、もっと他の話下手の原因について・・・










結婚力診断テスト
あなたの結婚の傾向を診断し、恋人候補のデータがわかります


あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


スピーチの前に
聴いてもらえる話し方、もしアガったときの対処法など


勇気を養う方法
人生のあらゆる場面で決断する勇気が必要になります。勇気を養うには、、、


カーネーギー 名言集
きっと、あなたの心に響く、カーネギーの名言を集めました





Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日