デール・カーネーギーのページ

デール・カーネーギー人物紹介


あがり症を克服する話し方教室



デール・カーネーギー 名言集

         (名言集は次のページです)

 デール・カーネーギー 人物紹介


 1888〜1955年。米国生まれ。ミズーリ州立学芸大学卒業。雑誌記者、俳優、セールスパーソン等様々な職業を経て、コロンビア大学とニューヨーク大学の夜間講座にあった「話し方教室」の講師を志願したが断られたが、1912年ニューヨーク州マンハッタンのYMCAの夜間学校で話し方教室「デール・カーネギー・コース」を開業。やがてカーネギーは話し方だけでなく、話すことで潜在能力を引き出し人間関係を良好に築く訓練へと充実させ、デール・カーネギー・トレーニングを完成させ、D.カーネギー研究所設立。1936年に「How to Win Friends and Influence People」(邦題「人を動かす」)を出版。一躍、全米でのベストセラーとなり、人間関係の先覚者として名声を博す。1955年、66歳で死去。

 デール・カーネギー・トレーニングは、世界80数カ国で卒業生600万人の実績を誇り、日本では過去41年間に約5万人の卒業生を送り出しています。
 日本では、マツダ(株)、カルビー(株)など多くのトップ企業が社員研修の一環としてデール・カーネギー・トレーニングを採用し、大きな成果を上げています。

 デール・カーネギー・トレーニングは、
1. 自分に自信を持ち自分を最大限に表現すること。
2. 他者を認め、Win―Win(自分にも相手にもメリットがある)の関係を築くこと。
3. リーダーシップを発揮して、目的達成の熱意を持続すること。
 の3つを根本テーマに、自信と勇気、何ごとにも積極的に挑戦する心構えと態度、ビジョンの設定とそれを達成するための熱意ある行動力など、厳しい社会を生き抜く強さを身につけ、また、人間関係を良好にするスキルの向上を通して他者を認め、協力し合って、より充実した毎日を送る方法を身につけるというものです。


 ※ 鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーと混同されることも多いようです。
 アンドリュー・カーネギー 1835〜1919年。スコットランド生まれ、移民としてアメリカへ渡る。寝台車を製造する会社の株の配当金を資本として鉄鋼業を始め、鉄道関係で大きく成功を修めた事業家であったことから、鋼鉄王などと呼ばれる。教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから現在では慈善家としてよく知られている。
 古くからクラシック音楽、ポピュラー音楽などのコンサートが頻繁に開催され音楽の殿堂となっている「カーネギー・ホール」(ニューヨーク、マンハッタン)の設立者としても有名。















Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日