結婚式スピーチを頼まれたら

結婚式スピーチは自分自身にとってもプラスになることです


あがり症を克服する話し方教室



結婚式スピーチを頼まれたら

3、リハーサルをする

 原稿ができあがったら、実際の結婚式をイメージしながら感情を込めて読む練習をしましょう。3〜5分で終わるかをチェックし、言い難い言葉があったりしたら言い回しを訂正します。

 大きく口を開けて発音し、特に語尾をハッキリ発音するようするのが上手なスピーチに聞こえるコツです。スピーチの姿勢も重要な要素です。うつむき気味になったり、前かがみになったりしないように、背筋を伸ばした堂々とした姿勢でスピーチできるように練習してください。マイクに近づきすぎのは不安そうな話し振りに見えますので、、コブシ一つ以上空けるようにします。一人で練習したのでは、気付かない点もありますので、家族に見てもらったり、ビデオやテープに撮ってチェックしながら練習するのがよいでしょう。

 「結婚式の主役は新郎新婦であり、スピーチは祝福を伝えればいいだけ!」くらいの気持ちで、気楽に臨んでください。すっかりあがってしまって上手なスピーチができなかったとしても誰も気にしません。失礼のない、しっかりした内容のスピーチを用意したのですから、内容に自信を持って、気楽にいきましょう。

 原稿を見ながらスピーチをすることは決して恥ずかしいことではありません。自信があれば別ですが、無理に暗記してスピーチをするのは、万一、途中で次の文章が出てこなくなったときに、大失敗することにもなりかねませんので、原稿やメモを見ながらのスピーチでも、いっこうにかまいません。

 ただ、ずっと原稿を見たままのスピーチ(手紙形式のスピーチは別ですが)だと、姿勢も悪くなりがちですので、原稿から目を離して、列席者や新郎新婦に視線を移せるように練習しましょう。
 原稿を用意してのスピーチでも、あがってしまって原稿のどこなのかがわからなくなることもありますから、原稿のポイントごとにわかりやすい目印をつけて、目を離しながら読む練習をしておきましょう。

 十分練習を重ねて、ポイントだけを書いたメモを用意しておき、必要なときだけメモに目を落とすくらいですむようになれば、安心して本番に臨めます。

 本番のスピーチでは「ひとつの文章をひとりの目を見て話す」ようにします。次の文章では、また別の人の目を見て話し、視線が全体におよぶようにします。
 人前のスピーチでは視線がひとりの人にある時間が短くなりますから聴衆が上の空で聴いていることが多くなります。ひとつの文章をひとりの目を見て話すと、話し手はひとりの目を見ていても、その周りの10人は自分が見られていると感じ「自分が話しかけられている」という印象をもち、関心をひきつける話し方になるのです。









Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日