緊張解く方法

  話す前の緊張解く方法

のページです
あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 2  話すための心構え

1、気持ちを軽くする心の準備


  D 話す前の緊張解く方法

 1対1の面接、多人数相手のプレゼンやスピーチ、電話でのアプローチ・・・・全ての会話の前に緊張解くリラックス法があります。あがり症を防いだり、口ベタのマイナスを軽減するのにも必ず役立ちます。

 ◎深呼吸
 まずは、もっとも簡単な「深呼吸」です。誰でも知っているので説明の必要もありませんが、口を閉じて思いっきり息を吸い、お腹いっぱいに空気をためて思いっきり口から吐きます。
 深呼吸の効果は科学的にも証明されています。緊張解くのに最も簡単な方法です。日頃から習慣づけておきましょう。

  ◎自律訓練集中法
 感情の高ぶりやストレスを取り除くのに非常に効果のあるもので、1932年にドイツの精神科医、シュルツによって体系化された、実績のあるリラックス法です。専門的には一種の自己催眠法で、心療内科や精神科などで、ストレスや緊張からくる身体症状を緩和し、心身共にリラックスさせ、自律神経のバランスを回復させる治療法として使われている方法です。上達すると、緊張解くのに非常に高い効果があります。





 両足の裏を床につけ、足幅、膝を肩幅の広さに広げ、両手は膝の上に乗せます。(あお向けに寝た姿勢でもかまいません。両脚、両腕を軽く開いて、仰向けに寝て、全身の力を抜きます)
 目を閉じてリラックスし、状況をイメージしながら、次のフレーズを心の中で唱えていきます。ゆっくりと深呼吸しながら各フレーズを3〜5分を目安に行います。それほど多くの時間が取れないときは、途中を飛ばして最後の消去動作で終わりにしても効果があります。

・ 準備  「気持ちがとても落ち着いています」
リラックスしているイメージを作り出し、手足の力が抜けていくのを感じるようにします。

・ 第一段階  「手足が鉛のように重たい」(重量感を感じる暗示)
右手、左手、右足、左足と順番に重くなっていくのをイメージし重さを感じ取ります。

・ 第二段階  「手足がポカポカ温かく感じます」(温感を感じる暗示)
同じように順番に温かくなっていくのをイメージし重さを感じ取ります。

・ 第三段階  「心臓が穏やかに打っています」(さらに深いリラックスへ)
心臓が静かに脈打つのを感じることで、さらに深くリラックスしていきます。

・ 第四段階  「とても楽に呼吸しています」
ただそのままに、楽に深い呼吸をしているイメージで、さらに深くリラックスしていきます。

・ 第五段階  「お腹のあたりがとても温かい」(腹部温感を感じる暗示)
腹部が心地よく暖かくなってくるのを感じ取ってください。

・ 第六段階  「額がとても涼しく感じます」(前頭部冷涼感を暗示)
他の温感を感じたままで、額に涼しい風を受けているイメージで、額に涼しさを感じてください。

・ 消去動作  「五つ数えるとスッキリします」(暗示の消去作業)
心地よく目覚めるイメージを作りながらゆっくり大きく伸びをしたり、首を回したりして、暗示から醒めます。


 日頃から繰り返し練習することで、上達すれば、一度に全てを感じるようになれます。あがり症の方は、短時間でアガリの予防ができるようになりますので、是非、練習してみてください。









結婚力診断テスト
あなたの結婚の傾向を診断し、恋人候補のデータがわかります


あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


スピーチの前に
聴いてもらえる話し方、もしアガったときの対処法など


勇気を養う方法
人生のあらゆる場面で決断する勇気が必要になります。勇気を養うには、、、


カーネーギー 名言集
きっと、あなたの心に響く、カーネギーの名言を集めました











Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日