あがり症克服する話し方教室

  あがり症克服するには「話すことに自信をつける」ことが一番の近道です。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 4  人前での話し方のテクニック

6、力強さのある話し方


  A 話し方に間をつくる

 力強さのある話し方にするには、ひとつの文章の中で視線を変えないこと(3−64−3−A)、手振りをまじえること(4−6−@)、落ち着いた低いトーンで話すこと(4−2)のほかにとても大事なことがあります。






 話し方に間をつくることです。

 落語や漫才に、「 間 」 が非常に大事なことは皆さんご存知でしょう。
 明治〜大正〜昭和をまたにかけて、活動弁士、漫談家、小説家etcとして大活躍し、「 話術の名手 」 と呼ばれた、徳川夢声氏は 『 話し方のコツは 「 間 」 にある 』 と説いていました。話上手な人は、皆うまく 「  間」 をいれて話します。

 上手にスピーチをしようとすると、話の内容にばかり注意しますし、どうしても何か話していないと不安で、次から次へとスピーチを続けてしまいます。しかし、適度な 「 間 」 がないと聞きづらい話になってしまいます。

 話にメリハリをつける究極の技術は、何もしゃべらない 「 間 」 のとりかたにあります。
 聴衆が 「 あれ、どうしたのかな 」 と思うくらい、自分でも「少し長いかな」と思うくらい、 「 間 」 をとって、おもむろに、低いトーンで話はじめてみてくてください。シーンとする時間が出来ることで聴衆がスピーチに集中し、そのつぎのフレーズがスポットライトがあたったかのように強調されるのです。










●誰でも簡単にできるニキビ肌改善法
間違いだらけのスキンケア!本当に知るべき7つのポイントとは?ニキビ肌でお悩みの方に業者が明かす、、、


●誰でも簡単にできる乾燥肌改善法
『なるほど、だから乾燥肌(敏感肌)が改善できなかったのか!』 乾燥肌(敏感肌)改善に役立つ情報が満載







Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日