あがり症を克服する話し方教室

  あがり症克服するには「話すことに自信をつける」ことが一番の近道です。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 5  スピーチの前に

2、話を組み立て


 話題がなくてスピーチができないという人は得意テーマについて話せばいいのですが(5−1)、話が続かなくなってしまう人もいます。
 その原因の大半は 「 話の流れ・構成が頭の中にはっきりできていない 」 ことにあります。まず、この話をして、次にあの話をして、最後にこの話をするということが、スピーチをしながら、頭の中にハッキリ描けていれば、話はスムーズに流れます。事前に予定していた話をうっかり飛ばしてしまっても、自然な流れで問題なく話を続けることができるのです。
 ですから、スピーチの台本を作って覚えることより、話の順番・流れを徹底的に頭に叩き込んでスピーチに臨みましょう。






 話の流れ・構成というと、まず誰でも頭にうかぶのが 「 起承転結法 」 です。
 漢詩の句の並べ方で、起句でうたい起こし、承句でこれを承(う)け、転句で趣(おもむき)を転じ、結句で結ぶという形式です。「 起承転結=文章の構成や物事の順序 」 という意味で使われることもあるくらい代表的なものです。
 スピーチを考えるうえでは、必ずしもこの流れにしばられる必要もなく、「 起承結 」 でもいいのですが、ぴったり 「 起承転結 」 にあてはまる話題を思いつけば話の順番を覚えやすくて最適です。

 自分の得意なひとつテーマについて話すということになると 「 昔話法 」 というのがあります。
 浦島太郎、桃太郎の話のように、時間の流れにそって話を進めていきます。「 いつ、どこで、誰が、なにを、どうしたか 」 とひとつのエピソードに絞って話をすすめる方法ですから、「 話題が少ないから 」 という方には、話をつくりやすいでしょう。

 どのような話の構成にするにしても、話の順番を十分に把握して、話がバラバラにならないようにすることが、わかりやすいスチーチのコツになります。















Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日