あがり症克服する話し方教室

  あがり症克服するには「話すことに自信をつける」ことが一番の近道です。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 5  スピーチの前に

3、聴衆に聞いてもらえる話し方


 いくらいい内容の話でも聴衆に聞いてもらえないことには、伝わりません。
 聴衆にあきられると聞いてもらえません。全体集会での校長先生の話だとか、結婚式の主賓の挨拶などで、心当たりがあるのではないでしょうか。興味のない話、関心のない話が続くとあきられてしまうわけです。
 聞いてもらえる話し方の方法を3つあげます。






 まず、1つ目は「身近な出来事・誰にでもありそうな体験談を混ぜる」というものです。身近な話には親近感を感じますから、話し手と聴き手の距離も縮まり、あきないものです。

 2つ目は「共感しやすいニュースを入れる」です。人込みの中で故郷の訛りを耳にすると、ふと懐かしさを感じますし、見ず知らずの人と話していて、話し方から同郷だとわかり話がはずむなどということもよくある話です。趣味や出身地など共通する部分があると、相手は急速に親しみを感じます。
 悲しいニュース・暗いニュースは会場全体が暗い雰囲気になるので逆効果です。できるだけ明るいニュース・心暖まるニュースで、みんなが知っているニュースならピッタリです。

 3つ目は「内緒の話をする」というものです。
 「ここだけの話しですが〜」と聞くと「なんだろう?」と真剣に聞くようになります。ここでしか聞けない話しとなると、何か得をした気分になり、「ああ、来てよかった」「この人の話を聴けてよかった」と満足感を感じることになります。

 これらの話は、短い話しでかまいませんので、いくつか準備しておいて、聴衆の様子をみて、あきてきているなと思ったところで、折り込むと、スピーチ全体をあきずに聴いてもらうことができます。









あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


話すための心構え
気持ちを軽くするいろいろな心の準備について説明しています


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


勇気を養う方法
人生のあらゆる場面で決断する勇気が必要になります。勇気を養うには、、、


カーネーギー 名言集
きっと、あなたの心に響く、カーネギーの名言を集めました





Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日