あがり症を克服する話し方教室

  あがり症克服するには「話すことに自信をつける」ことが一番の近道です。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 5  スピーチの前に

1、何を話せばいいのかわからない


 「スピーチを頼まれたけど、何を話していいものやら」 というのは、よく聞く話です。
 自分で口ベタだと思っている人でも、趣味の話とか、どうしても聞いてほしい話になると、スラスラと話せるものです。つまり、自分の得意なテーマ・好きなテーマ・なら、どんな人でも雄弁家になれるものなのです。
 毎月何回も講演をしているスピーチのプロでも、もし、まったく知らないテーマについての講演を依頼されたとすれば、「さて、どう話をしたものか?」と悩みますし、いつものように雄弁にはなれないのです。知らないテーマについてのスピーチは難しいのです。

 話ベタな人は、何を話していいかわからないから自分にはスピーチなんて無理だと思い込んでいる人がいます。しかし、そんな人でも自分の大好きなこと、得意なことについての話ならできるのです。
 これについてなら話せそうだという核になる部分を決めてしまいます。 あとは、話の関連性を探して、得意なテーマに移るようにすればいいのです。関連性を探すのが難しいようなら、あいだに短い話題をはさめばいいわけです。
 結婚式のスピーチでは、料理を前に長話をすることは好ましくありませんので、 Mick's実用文例集 などの文例集サイトを参照するのも失敗のない方法です。





ただ、選んだ文例をそのまま使うのではなく、短い話でかまいませんから、新郎か新婦の人柄をあらわすエピソードなり、どちらかの家柄をあらわすような話題、その場の皆さんに共通する話をはさむなどのアレンジを加えることで印象深いスピーチになります。

 スピーチでやってはいけないことがあります。
   @ 自慢話はしない
 基本的にスピーチ自慢話というのはタブーです。一般に、スピーチにおいては聴衆の共感を得るテーマが好ましいのです。成功談よりは失敗段のほうが共感してもらえるので受け入れてもらえます。どうしても伝えないといけない成功談がある場合は、失敗談と合わせて話すなり、失敗談の間に入れるくらいの気遣いをしたほうがいいでしょう。

   A 言い訳はしない
 スピーチにおいて「日本人は謝罪・言い訳からはじめ、アメリカ人はジョークからはじめる」といわれています。典型的ないいまわしが、「突然のご指名によりまして、何を話せばよいのかわかりませんが・・・」「え〜、私、口ベタなもので・・・」「準備不足でわかりにくい話だとは思いますが・・・」
 こんな話から入ったのでは、聴き手ははじめから嫌になります。言い訳は一切しないでスピーチを始めるほうがスマートです。また、聴衆も聞く気になりますし、少なくとも言い訳から始めるよりははるかにマシです。

 次に話の組み立て方について・・・





結婚力診断テスト
あなたの結婚の傾向を診断し、恋人候補のデータがわかります


あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


スピーチの前に
聴いてもらえる話し方、もしアガったときの対処法など








Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日