あがり症を克服する話し方教室

「話すことに自信をつける」コツをわかりやすくまとめたサイトです。


あがり症を克服する話し方教室


あがり症話し方教室 6  勇気養う方法


 知らない人に話しかける、上司に話を切り出す、スピーチを引き受けるなど、どの場合でも、ある種の勇気が必要です。
 会議の場などで、いざ発言しようという時になって、手があげられずに 「 まあいいか 」 とやり過ごした経験が誰にでもあるものです。





 もちろん、発言するには、内容を考える論理力、構成力、発想力といった頭の力が必要ですが、中身が出来上がったら必ず発言できるかというとそうでもありません。これは会議に限ったことではありません。たとえば、「 休暇願いを切り出す勇気 」 「 愛を告白する勇気 」、、、
 私たちには、人生のあらゆる場面で決断する勇気が必要なのです。勇気がないために大きなチャンスを逃してしまうことは非常にもったいないことです。

 現在はプレゼンテーションの時代といわれています。これからの時代、人生に成功するには、「 意見を発表する 」 「 自分を主張する 」 などの技術が必要不可欠で、その前提となるのが発言する勇気です。

 会社にとっていいアイデアを思いつき、熟考してまとめあげたとしても、それを提出する勇気がなかったら、何も考えなかったのと同じです。何年もかけて大発明をしても、世間に発表しなければ、(社会にとっては)何の意味もないのです。

 では、勇気養うにはどうすればいいのでしゅうか?

 その方法の最適なものの一つに 「 インスタントモデリング 」 という方法があります。










あがり症克服するには
あがり症と一言でいっても、症状には人それぞれ大きな違いがあります


どうして話下手なのか
あがり症、口ベタの最大の原因である「人と話すことへの苦手意識」の原因と対策を探っていきます


話すための心構え
気持ちを軽くするいろいろな心の準備について説明しています


あがり症克服する話し方
あがり症の人のほとんどの方は人と話すことが苦手です。では、自信をつけるには?


人前での話し方のテクニック
話のはじめかた、関心をひく話し方など、ちょっとしたコツをつかむだけで、、、


スピーチの前に
聴いてもらえる話し方、もしアガったときの対処法など


カーネーギー 名言集
きっと、あなたの心に響く、カーネギーの名言を集めました





Copyrights(C)2006 あがり症を克服する話し方教室 - All rights reserved.



あがり症を克服する話し方教室 
あがり症を克服するには 
どうして話下手なのか 上手でなくていい  聴衆の視線が怖い  スピーチの経験が少ない  自分だけがわかっている話をする  相手の反応が見えていない  原稿に頼りすぎる
感情がこもっていない  ぶっつけ本番で話す  言いたいことを頭で整理できない
話すための心構え 適度な緊張はプラスである  早口や方言でもいい  完璧でなくていい  技術よりも熱意が大切  話す前の緊張を解く方法
リハーサルの効果  本番に近い状況でリハーサル
あがり症を克服する話し方 話し方を変えてあがり症を克服  言いたいことが伝わる話し方の心得  アガリを認めてしまう話し方  普段の話し方で話す  質問する話し方  断定して自信を示す話し方
人前での話し方のテクニック 話のはじめ方  出だしの話し方  1対1のつもりで話す  目を見て話す  たとえ話を使う  3つのポイントにまとめる  具体例をあげる  言葉以外のものを使う話し方
話し方に力強さを加える手振り  話し方に間をつくる  話し方に動作をプラス  ジェスチャアをまじえる話し方
スピーチの前に 何を話せばいいのかわからない  話を組み立てる  聴衆に聞いてもらえる話し方  体を動かす  知人をみつける  難しい質問をする  アガリと戦わない  板書する
勇気を養う方法 インスタントモデリング  ステップ 1  ステップ 2 3
結婚式のスピーチを頼まれたら 原稿を作る  原稿を見直す  リハーサルをする
デール・カーネーギー名言集 デール・カーネーギー人物紹介  デール・カーネーギー名言集  デール・カーネーギー著書紹介
リンク集 相互リンクのページ 1  相互リンクのページ 2  簡単相互リンク集  リンクについて















  累積  本日  昨日